ホーム

ようこそ!こちらは田中信行のWEBページです.


田中信行
理化学研究所 生命システム研究センター 集積バイオデバイス研究ユニット 研究員

研究内容
非接触粘弾性センシング
非接触細胞濡れ性評価
超高速・低浸襲細胞シート移植デバイス
表面張力マニピュレーション

2011 大阪大学 大学院工学研究科 機械工学専攻 博士後期課程修了. 博士(工学).
2011-2013 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 博士研究員、 日本学術振興会 特別研究員 PD
2015- 理化学研究所 生命システム研究センター 集積バイオデバイス研究ユニット 研究員

研究業績

学術論文
  1. A. I. Adiba, N. Tanaka, and J. Miyake, “Adjustable Gaze Tracking System and Its Application for Automatic Discrimination of Interest Objects,” IEEE/ASME Transactions on Mechatronics, DOI:10.1109/TMECH.2015.2470522, 2015.
  2. N. Tanaka, H. Ota, K. Fukumori, J. Miyake, M. Yamato, T. Okano, "Micro-patterned cell-sheets fabricated with stamping-force-controlled micro-contact printing," Biomaterials, Vol. 35, No. 37, pp. 9802-9810, 2014.
  3. M. Sakuma, Y. Kumashiro, M. Nakayama, N. Tanaka, K. Umemura, M. Yamato, T. Okano, “Control of cell adhesion and detachment on Langmuir-Schaefer surface composed of dodecyl-terminated thermo-responsive polymers,” J. Biomater. Sci. Polym. Ed., Vol. 25, No. 5, pp. 431-443, 2014. 
  4. Y. Kumashiro, T. Matsunaga, M. Muraoka, N. Tanaka, K. Itoga, J. Kobayashi, Y. Tomiyama, M. Kuroda, T. Shimizu, I. Hashimoto, K. Umemura, M. Yamato, T. Okano, “Rate control of cell sheet recovery by incorporating hydrophilic pattern in thermoresponsive cell culture dish,” J. Biomed. Mat. Res. A, Vol. 102, No. 8, pp. 2849-2856, 2014. 
  5. M. Sakuma, Y. Kumashiro, M. Nakayama, N. Tanaka, K. Umemura, M. Yamato, and T. Okano, “Thermo-Responsive Nanostructured Surfaces Generated by the Langmuir-Schaefer Method are Suitable for Cell Sheet Fabrication,” Biomacromolecules, Vol. 15, pp. 4160-4167, 2014. 
  6. Y. Haraguchi, T. Shimizu, K. Matsuura, H. Sekine, N. Tanaka, K. Tadakuma, M. Kaneko, M. Yamato, and T. Okano, “Cell sheet technology for cardiac tissue engineering,” Cardiac Tissue Engineering Methods and Protocols, Methods Mol. Biol., Vol. 1181, pp. 139-155, 2014. 
  7. N. Tanaka, M. Kondo, R. Uchida, M. Kaneko, H. Sugiyama, M. Yamato, and T. Okano, Splitting culture medium by air-jet and rewetting for the assessment of the wettability of cultured epithelial cell surfaces, Biomaterials, Vol. 34, No. 36, pp. 9082-9088, 2013.
  8. K. Tadakuma, N. Tanaka, Y. Haraguchi, M. Higashimori, M. Kaneko, T. Shimizu, M. Yamato, and T. Okano, A device for the rapid transfer/transplantation of living cell sheets with the absence of cell damage, Biomaterials, Vol. 34, No. 36, pp. 9018–9025, 2013. 
  9. 田中信行, 東森充, 金子真, 「対象物変形に伴う流体力変動を考慮した非接触剛性センシング」, 計測自動制御学会論文集, Vol. 48, No. 5, pp. 295-301, 2012. 
  10. N. Tanaka, M. Higashimori, M. Kaneko, and I. Kao, "Noncontact Active Sensing for Viscoelastic Parameters of Tissue With Coupling Effect", IEEE Transaction on Biomedical Engineering, Vol. 58, No. 4, pp. 509-520, 2011.
  11. 田中信行, 東森充, 金子真, 「引きつれ効果を考慮した生体粘弾性パラメータのアクティブセンシング」, 計測自動制御学会論文集, Vol. 44, No. 10, pp. 779-785, 2008. 
  12. 片岡健, 山下由紀子, 高橋護, 佐々木翠, 舛本法生, 春田るみ, 村上茂, 浅原利正, 田中信行, 金子真, 「乳癌術後リンパ浮腫に対する客観的弾性計測器『グローバル弾性メジャー』の開発:第1報」, 乳癌の臨床, Vol. 22, No. 5, pp. 430-431, 2007. 
  13. 田中信行, 金子真, 「ひきつれ効果に着目したヒト肌の動特性評価」, 計測自動制御学会論文集, Vol. 43, No. 4, pp. 256-263, 2007. 
  14. T. Kawahara, K. Tokuda, N. Tanaka, and M. Kaneko: "Noncontact Impedance Sensing," The Int. J. of Artificial Life and Robotics, Vol. 10, No. 1, pp. 35-40, 2006.
国際学会発表
  1. N. Tanaka, S. Yanagimoto, J. Miyake, “Inverted Scaffold: Rapid Cell-Molding with a Bubbled Medium,” The 4th TERMIS World Congress 2015, #1561, Boston, MA, 10 Sep. 2015.
  2. N. Tanaka, Y. Haraguchi, T. Shimizu, M. Yamato, T. Okano, and J. Miyake, "Massively-Multicellular Alignment with the Self-Aggregate of Air Bubbles," Proceedings of the 37th Annual International Conference Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2015), pp. 3537-3540, Milan, Italy, 27 Aug. 2015, (additionally presented at Ignite Session).
  3. A. I. Adiba, N. Tanaka, and J. Miyake, `Intention-shared User-interface by the Auto-discrimination of Gaze Object “See What I See,”' Proceedings of 25th 2014 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, 2014. 
  4. N. Tanaka, Y. Haraguchi, T. Shimizu, M. Yamato, T. Okano, and J. Miyake, “High-throughput cell-patterning with a self-assembled bubble-raft,” Proceedings of 25th 2014 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, 2014. 
  5. N. Tanaka, M. Kondo, H. Sugiyama, M. Yamato, T. Okano, and J. Miyake, “Surface-tension microscopy by noncontact meniscus-manipulation,” Proceedings of 25th 2014 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, 2014.
  6. N. Tanaka, H. Ota, K. Fukumori, M. Yamato, T. Okano, and J. Miyake, "Noncontact Fine Alignment for Multiple Microcontact Printing," Proceedings of the IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2014), pp. 828-833, 15 Sep., 2014.
  7. M. Sakuma, Y. Kumashiro, M. Nakayama, N. Tanaka, K. Umemura, M. Yamato, and Teruo Okano, "Control of Cell Adhesion and Detachment on Temperature-Responsive Block Copolymer Langmuir Films," 2013 MRS Fall Meeting. 
  8. S. Kobayashi, N. Kanai, M. Yamato, T. Hosoi, N. Tanaka, T. Okano, S. Eguchi, "FABRICATED ALLOGENEIC EPIDERMAL CELL SHEET IN PORCINE MODEL: CELL TISSUE ENGINEERING APPROACH FOR THE PREVENTION OF ESOPHAGEAL STRICTURE AFTER CIRCUMFERENTIAL ESD," UEG Week 2013. 
  9. N. Kanai, S. Kobayashi, T. Ohki, N. Tanaka, M. Yamato, T. Okano, "ESOPHAGEAL REGENERATION WITH CELL SHEETS FOLLOWING ESD: DEVELOPMENT OF ENDOSCOPIC DELIVERY DEVICES FOR CELL SHEETS," UEG Week 2013. 
  10. H. Ota, N. Tanaka, K. Fukumori, S. Sekiya, J. Kobayashi, Y. Akiyama, M. Yamato, T. Okano "Three dimensional (3-D) cell-location alignment using cell sheet engineering for tissue construction," Proceedings of The 17th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences (MicroTAS 2013), pp. 449-451, 2013.  
  11. K. Fukumori, N. Tanaka, H. Ota, Y. Akiyama, K. Itoga, M. Yamato, T. Okano, “New facile method for preparing themperature-resopnsive cell culture surfaces using a thioxantone-based photoinitiator immobilized polystyrene surface,” Proc. 24th 2013 Int. Symp. Micro-NanoMechatron. Hum. Sci. (MHS2013), (2013). 
  12. N. Tanaka, H. Ota, K. Fukumori, M. Yamato, T. Okano, “Multiple Micro-Contact Printing of Extra Cellular Matrix with Fine Alignment,” Proc. 24th 2013 Int. Symp. Micro-NanoMechatron. Hum. Sci. (MHS2013), (2013). 
  13. N. Tanaka, H. Ota, K. Fukumori, M. Yamato, and T. Okano, Stamp-Stiffness Calibrated Micro Contact Printing, Proceedings of the 2013 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA2013), pp. 2567-2572, Karlsruhe, Germany, 8 May 2013. 
  14. H. Ota, N. Tanaka, K. Fukumori, N. Goda, M. Yamato, and T. Okano, “㏌ vitro wound-healing analytical system composed of a micro automated scratcher and oxygen gradient chamber,” Proceedings of The 16th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences (MicroTAS 2012), pp. 34-36, 2012. 
  15. N. Tanaka, M. Kondo, R. Uchida, M. Kaneko, M. Yamato, and T. Okano, "Noninvasive Wettability Measurement of Mucosal Epithelial Cell Sheets," The 3rd TERMIS World Congress 2012, 57.P13, Vienna, Austria, 5 Sep. 2012.
  16. N. Tanaka, T. Kataoka, M. Kaneko, M. Yamato, and T. Okano, "Scale-independent stiffness measurement of upper limbs with lymphedema by a circular compression," Proceedings of the 34th Annual International Conference Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2012), pp. 2013-2016, San Diego, CA, USA, 29 Aug. 2012.
  17. N. Tanaka, M. Kaneko, R. Uchida, M. Kondo, M. Yamato, and T. Okano, "Noncontact Evaluation of the Wetting Characteristic of a Cell Sheet in Culture Medium," Proceedings of the 2012 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation (ICMA2012), pp. 986-991, Chengdu, China, 7 Aug. 2012.
  18. N. Tanaka, M. Higashimori, and M. Kaneko, "Non-Contact Stiffness Sensing with Deformation Dependent Force Calibration," Proceedings of the 2011 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA2011), pp. 248-253, Shanghai, China, 10 May 2011.
  19. N. Tanaka, M. Higashimori, and M. Kaneko, "Inverse Problem for Stiffness Sensing of Living Soft Tissue," Proceedings of the 2010 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2010), Nagoya, Japan, pp. 89-94, 8 Nov. 2010.
  20. N. Tanaka, R. Uchida, M. Higashimori, K. Tadakuma, and M. Kaneko, Point-Type Non-Contact Stiffness Sensing of Soft Tissue with Coupling Effect, Proceedings of the 32th Annual International Conference Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2010), pp. 5764-5767, SaBPo06.8, Vuenos Aires, Argentina, 4 Sep. 2010.
  21. R. Uchida, N. Tanaka, M. Higashimori, K. Tadakuma, M. Kaneko, M. Kondo, and M. Yamato, Cell Sheet Stiffness Sensing without Taking Out from Culture Liquid, Proceedings of the 32th Annual International Conference Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2010), pp. 827-830, WeBPo14.1, Vuenos Aires, Argentina, 1 Sep. 2010.
  22. N. Tanaka, M. Higashimori, and M. Kaneko, Active Sensing of Viscoelastic Tissue with Coupling Effect, Proceedings of the 30th Annual International Conference Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2008), pp. 106-111, Vancouver, Canada, 21 Aug. 2008.
  23. N. Tanaka and M. Kaneko, Direction Dependent Response of Human Skin, Proceedings of the 29th Annual International Conference Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2007), pp. 1687-1690, Lyon, France, 24 Aug. 2007.
  24. N. Tanaka and M. Kaneko, Skin Surface Shock Wave, Proceedings of the 28th Annual International Conference Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2006), pp. 4123-4126, New York, USA, 1 Aug. 2006.
  25. T. Kawahara, C. Toya, N. Tanaka, M. Kaneko, Y. Miyata, M. Okajima, and T. Asahara: "Non-Contact Impedance Imager with Phase Differentiator," Proceeding of the 1st IEEE/RAS-EMBS International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics (BioRob2006), pp. 232-237, Pisa, Italy, Feb. 2006.
国内学会発表
  1. 小林真里、岩名信一、河田博知、水内公典、原口裕次、清水達也、田中信行、多田隈建二郎、岡野光夫、「光干渉断層撮影装置を用いた細胞シート生体移植のリアルタイム断層観察」, 第14回再生医療学会総会, O-30-6, 2015年3月20日
  2. 田中信行, 原口裕次, 清水達也, 大和雅之, 三宅淳, 「逆スキャフォールドを利用した多孔質細胞組織作製法」, 第14回再生医療学会総会, O-30-4, 2015年3月20日
  3. 安藤 太一, 田中 信行, 金田 忠 裕, 三宅 淳, 「顕微鏡組み込み型流体パンタグラフによる精密位置合わせ」, 第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 3A4-2, 2015年12月17日
  4. 田中 信行, 安藤 太一, 金田 忠 裕, 三宅 淳, 「流体パンタグラフを用いた顕微鏡下紫外線精密照射システム」, 第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 1J1-4, 2015年12月15日
  5. 田中信行, 吉村愛菜, 原口裕次, 清水達也, 大和雅之, 岡野光夫, 三宅 淳, 「マウス骨格筋芽細胞シートにおける筋管分化抑制」, 第36回日本バイオマテリアル学会大会, 1E-05, 2014年11月17日
  6. 田中信行, 原口裕次, 清水達也, 大和雅之, 岡野光夫, 三宅淳, 「バブルラフトメニスカスを利用した細胞パターニング」, 生体医工学シンポジウム2014, 2A-32, 2014年9月27日
  7. Jun Miyake, Amalia Istiqlali Adiba, Nobuyuki Tanaka, “Intelligence for Robot-Human Communication,” (知能ロボットを用いたヒトとのインターフェース), 第52回日本生物物理学会年会, 3P314, 2014年9月27日
  8. 三宅 淳, アディバ アメリア, 八田 和之, 田中 信行, 馬場 隆造, 金田 忠裕, 「ロボットとの認識共有を用いた BMI の試み」第66回日本生物工学会大会, 2P-210札幌コンベンションセンター, 2014年9月10日
  9. 森 章也 , 新岡 宏彦 , 田中 信行 , 三宅 淳, 「非接触型微小探針を用いた組織内細胞膜力学解析」, 第66回日本生物工学会大会, 2P-195, 札幌コンベンションセンター, 2014年9月10日
  10. 田中 信行, 原口 裕次 清水 達也, 大和 雅之, 岡野 光夫, 三宅 淳, 「バブルラフト構造を利用した細胞パターニングの細胞社会学的解析応用」, 第66回日本生物工学会大会、2P-189、札幌コンベンションセンター、2014年9月10日
  11. 吉田 拓士 , 田中 信行 , 新岡 宏彦 , 三宅 淳, 「バブルラフト構造を利用したパターン化共培養組織作製法」, 第66回日本生物工学会大会、2P-188、札幌コンベンションセンター、2014年9月10日
  12. 岡村 咲希, 田中 康太, 池永 直樹, 田中 信行, 三宅 淳、「光合成細菌による光水素変換と照射時間間隔の評価」、第66回日本生物工学会大会、2P-141、札幌コンベンションセンター、2014年9月10日
  13. 田中信行、原口裕次、清水達也、大和雅之、三宅淳、「バブルラフトマニピュレーションによる細胞パターニング」、第32回日本ロボット学会学術講演会、2G2-06、九州産業大学(福岡市)、2014年9月5日
  14. 田中信行、近藤誠、杉山洋章、大和雅之、三宅淳、「顕微鏡下非接触メニスカスマニピュレーション」、第32回日本ロボット学会学術講演会、1D2-07、九州産業大学(福岡市)、2014年9月4日
  15. 浅谷学嗣、田中信行、三宅淳、「ロボコックス」、日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ロボティクス・メカトロニクス講演会2014、3P1-I05、富山市2014年5月28日
  16. 田中信行、三宅淳、「流体パンタグラフ」、日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ロボティクス・メカトロニクス講演会2014、3P1-C08、富山2014年5月28日
  17. 近藤恵太、多田隈建二郎、田中信行、原口裕次、清水達也、大和雅之、岡野光夫、東森充、金子真、「円形断面伸縮機構によるチューブ状組織生成実験」、日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ロボティクス・メカトロニクス講演会2014、3P1-C05、富山市、2014年5月28日
  18. 岩嶋真之、池永直樹、田中信行、三宅淳、「光合成細菌による水素生産動特性のモデル化」、日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ロボティクス・メカトロニクス講演会2014、1P2-D06、富山市、2014年5月26日
  19. 田中信行、太田裕貴、福守一浩、大和雅之、岡野光夫、三宅淳、「複雑構造細胞シート作製のためECMマイクロパターニング」、第13回再生医療学会総会、京都国際会館(京都府), 2014年
  20. 多田隈建二郎、近藤恵太、田中信行、原口裕次、清水達也、大和雅之、岡野光夫、三宅淳、東森充、金子真、「管腔様組織作製のための細胞シート成形法」、第13回再生医療学会総会、京都国際会館(京都府), 2014年
  21. 小林真里、岩名信一、平井靖士、水内公典、原口裕次、田中信行、原口裕次、清水達也、岡野光夫、「光干渉断層撮影装置を用いた細胞シート生体移植のリアルタイム断層観察」、第13回再生医療学会総会、京都国際会館(京都府), 2014年
  22. 田中信行、太田裕貴、福守一浩、大和雅之、岡野光夫、「スタンプ位置補正によるマルチプルマイクロコンタクトプリンティング」、第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会、神戸国際会議場(兵庫県), 2013年
  23. 佐久間守仁、熊代善一、中山正道、田中信行、梅村和夫、大和雅之、岡野光夫、「温度応答性ブロック共重合体からなるLangmuir-Schaefer基板上における細胞の接着・脱着制御」、第62回高分子討論会、金沢大学(石川県), 2013年
  24. 田中信行、太田裕貴、福守一浩、大和雅之、岡野光夫、「多色マイクロコンタクトプリンティングに向けた精密位置合わせ」、日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ロボティクス・メカトロニクス講演会2013、つくば国際会議場(茨城県)
  25. 多田隈建二郎、野村亮太、田中信行、原口裕次、清水達也、大和雅之、岡野光夫、東森充、金子真、「2段構造を有する細胞シート用ヘラ機構による積層化実験」、日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ロボティクス・メカトロニクス講演会2013、つくば国際会議場(茨城県)
  26. 田中信行, 金井信雄, 小林慎一朗, 細井孝洋, 大和雅之, 岡野光夫: 「経内視鏡的射出デバイスを用いた食道粘膜切除部への細胞シート移植」, 第12回日本再生医療学会総会, O-69-3, 横浜, 2013年3月23日. 
  27. 小林慎一朗, 金井信雄, 大和雅之, 細井孝洋, 田中信行, 竹田一礼, 高木亮, 岡野光夫, 江口晋: 「他家表皮細胞シートを用いた食道ESD後再生医療」, 第12回日本再生医療学会総会, O-69-4, 横浜, 2013年3月23日. 
  28. 多田隈建二郎, 野村亮太, 田中信行, 原口裕次, 清水達也, 大和雅之, 岡野光夫, 東森充, 金子真: 薄型柔軟生体用ヘラ機構による心臓への筋芽細胞シート移植の実施, 12回日本再生医療学会総会, O-1-3, 20133月21日. 
  29. 多田隈建二郎, 多田隈理一郎, 野村亮太, 田中信行, 原口裕次, 大和雅之, 岡野光夫, 東森充, 金子真: 細胞シート用ヘラ機構 ― 基本概念の提案と第一次試作機の開発 ―, 第30回日本ロボット学会学術講演会予稿集, 2E2-3, 2012年9月18日. 
  30. 田中信行, 近藤誠, 内田亮平, 金子真, 大和雅之, 岡野光夫: 「細胞シートぬれ性の非侵襲評価に向けた界面解析」, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ロボティクス・メカトロニクス講演会2012, 2A2-R05, 浜松, 2012年5月29日. 
  31. 田中信行, 太田裕貴, 大和雅之, 岡野光夫: 「温度応答性培養皿を利用したマイクロコンタクトプリントによる細胞パターニング」, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ロボティクス・メカトロニクス講演会2012, 2A1-R04, 浜松, 2012年5月29日. 
  32. 田中信行, 近藤誠, 大和雅之, 岡野光夫, 金子真: 「細胞シートの顕微鏡下非接触弾性センシング」, 第17回ロボティクスシンポジア, 1A1, 山口, 2012年3月14日. 
  33. 田中信行, 太田裕貴, 大和雅之, 岡野光夫: 「スタンプ変形を考慮したマイクロコンタクトプリント」, 第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2K2-5, 京都, 2011年12月24日. 
  34. 田中信行, 太田裕貴, 大和雅之, 岡野光夫, 金子真, 「マイクロスコピック非接触弾性センシング」, 日本生体医工学会生体医工学シンポジウム2011, 1-11-6, 長野, 2011年9月16日. 
  35. 田中信行, 太田裕貴, 大和雅之, 岡野光夫: 「スタンプ力を考慮したマイクロコンタクトプリント」, 第29回日本ロボット学会学術講演会, 3D1-4, 東京, 2011年9月9日. 
  36. 田中信行, 東森充, 金子真: 「非接触アクティブセンシングにおける対象物変形を考慮した印加力キャリブレーション」, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ロボティクス・メカトロニクス講演会2011, 1P1-F07, 岡山, 2011年5月27日.
  37. 田中信行, 東森充, 金子真: 「非接触アクティブセンシングによる生体粘弾性推定」, 日本機械学会関西支部第86期定時総会講演会, 104, 京都, 2011年3月20日. 
  38. 田中信行, 東森充, 金子真: 「非接触センシングにおける対象物変形に伴う流体 印加力変動を考慮した内部パラメータ推定法」, 第11回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 1C1-5, 仙台, 2010年12月23日.
  39. 田中信行, 東森充, 金子真: 「生体柔軟組織の剛性計測にむけた変形モデルの逆問題解析」, 生体医工学シンポジウム2010, 2-3-6, 北海道, 2010年9月11日.
  40. N. Tanaka, R. Uchida, M. Higashimori, and M. Kaneko: "Stiffness Estimation for Living Tissue by Point-type Displacement Measurement", 第49回日本生体医工学会大会, FC-25-4, 大阪, 2010年6月25日.
  41. 田中信行, 東森充, 金子真: 「スリット型非接触剛性センシング」, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2010, 1A2-D14, 旭川, 2010年6月15日.
  42. 内田亮平,田中信行, 東森充, 金子真, 近藤誠, 大和雅之: 「細胞硬さ定量評価に向けたマイクロ硬さセンシング」, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2010, 1P1-B18, 旭川, 2010年6月15日.
  43. 串田啓介, 田中信行, 東森充, 金子真: 「引きつれ変形を伴う体積変化に着目した柔軟組織の弾性センシング」, 第10回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 1J3-3, 東京, 2009年12月24日.
  44. 田中信行, 東森充, 金子真: 「引きつれ効果を有する柔軟物のポイント型アクティブ剛性センシング」, 第10回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 1J3-2, 東京, 2009年12月24日.
  45. 田中信行, 東森充, 金子真: 「引きつれ効果を考慮したポイント型非接触剛性センシング」, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009, 1A1-C05, 福岡, 2009年5月25日.
  46. 田中信行, 東森充, 金子真: 「ひきつれ効果を有する粘弾性組織の非接触アクティブセンシング」, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008, 1P1-H10, 長野, 2008年6月6日.
  47. 田中信行, 東森充, 金子真: 「ひきつれ効果を有する生体組織粘弾性モデルの逆問題」, 第25回日本ロボット学会学術講演会, 1J34, 千葉, 2007年9月13日.
  48. 田中信行, 東森充, 金子真: 「生体組織パラメータ推定のための逆問題解析」, 日本機械学会2007年度年次大会学術講演会, S69-1, 4331, 大阪, 2007年9月10日.
  49. 片岡健, 高橋護, 佐々木翠, 舛本法生, 春田るみ, 村上茂, 田中信行, 金子真, 浅原利正: 「乳癌術後リンパ浮腫に対する客観的弾性計測器『グローバル弾性メジャー』の開発:第1報」, 第15回日本乳癌学会学術総会, 10166, 横浜, 2007年6月.
  50. 田中信行, 金子真: 「ヒト肌の方向依存型変形特性に関する考察」, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2007, 2A2-O10, 秋田, 2007年5月12日.
  51. 田中信行, 金子真: 「非接触ハンマーによる肌特性評価」, 第7回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 1M4-2, 札幌, 2006年12月14日.
  52. 田中信行, 金子真: 「非接触インパクトハンマー」, 第21回計測自動制御学会生体生理工学シンポジウム, 1A3-5, 鹿児島, 2006年11月.
  53. 田中信行, 片岡健, 金子真: 「リンパ浮腫計測に向けたグローバル弾性メジャー」, 第24回日本ロボット学会学術講演会, 2J23, 岡山, 2006年9月.
  54. 田中信行, 川原知洋, 金子真: 「2次元変形に着目した肌のダイナミック特性測定」, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2006, 2P1-C33, 東京, 2006年5月28日.
  55. 田中信行, 川原知洋, 金子真: 「非接触インピーダンスセンサによる肌特性評価」, 第6回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 1C1-1, 熊本, 2005年12月16日.
  56. 田中駿一, 白井達也, 田中信行, 富岡巧: 「関節剛性調整機構SATの応用-1脚式ロボットの開発-」, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2004, 2P2-L1-22, 名古屋, 2004年6月20日.
  57. 田中信行, 冨岡巧: 「非線形バネSATの原理と特性」, 日本機械学会東海学生会第35回学生員卒業研究発表講演会, 703, 名古屋, 2004年3月.
  58. 白井達也, 田中信行, 冨岡巧: 「非線形バネSATの原理と特性」, 第21回日本ロボット学会学術講演会, 1C25, 東京, 2003年9月20日. 
産業財産権
  1. 特願PCT/JP2013/078645、「シート状治療用物質搬送器具、シート状治療用物質の貼付方法」、2014年5月8日公開
  2. 特願PCT/JP2013/064510、「物質の濡れ性評価法」、2013年11月28日公開
  3. 特開2008-96315、「外周変形に基づき、滑らかな外周を持った物体の弾性を評価する方法及び装置」、2008年4月24日公開
  4. 特開2007-159798、「肌年齢の測定方法及びその装置」、2007年6月28日公開
その他
  1. 田中信行, 「バイオユーザーフレンドリーな流体活用システム」, 横浜市立大学 学内セミナー, 2015年3月18日. 
  2. 田中信行, 「表面張力顕微鏡の創成と幹細胞マーカー解析への応用 -液体親和性を可視化する-」, 株式会社池田理化主催 再生医療分野 若手研究者交流会, 2015年1月31日. 
  3. 田中信行, 「流体を活用したバイオメディカルインタフェース」, 日本機械学会東海学生会主催 第201回講演会, 2014年11月13日. 
  4. 田中信行, 「流体を活用した再生医療支援技術」, 大阪商工会議所第5回次世代医療システム産業化フォーラム2014, 2014年11月10日. 
  5. 田中信行, 「再生医療実用化のための流体マニピュレーション技術」, 新化学技術推進協会学産交流ポスターセッション(口頭発表有り), 2014年10月30日. 
  6. 田中信行、「界面制御を利用したバイオメディカルユーザインタフェース」、BioMecForum 第74回研究会、2014年7月5日
  7. 田中信行, 「精密マイクロコンタクトプリンティングデバイス “μ-Hokusai” の開発」, 東京女子医科大学グローバルCOEプログラム「再生医療本格化のための集学的教育研究拠点」若手研究発表, 2013年7月16日. 
  8. 田中信行, 「細胞シートの非接触力学的特性計測」, 超高速バイオアセンブラ第1回若手研究者シンポジウム, 2012年7月14日. 
受賞
  1. リバネス研究費池田理化賞、20141030日 (link)
  2. 2013年度日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ROBOMEC表彰、2013年5月23日 (link)
  3. IEEE Robotics and Automation Society, ICRA2013 Best Automation Paper Award Finalist, 9 May, 2013. 
  4. 平成24年度一般社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門若手奨励賞、2012年12月19日 (link)
  5. 2012年度日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ベストプレゼンテーション表彰 2012年5月23日 (link)
  6. IEEE EMBS Japan Chapter Young Researcher Award (2010) (link)
  7. 2009年度計測自動制御学会論文賞 (link)